銀行印の材質の制限について

銀行印イメージ

大抵の人は、ある程度の年齢になると、「銀行」を利用することになると思います。
お給料の振込だったり、単純に貯金のためだったり。人によって使い方は違いますが、一生銀行に縁がない人はいないのではないでしょうか?
さて、銀行を利用するには、必ず自分の口座を開設する必要があります。
そのためには、銀行印という、金融機関に届出を出す印鑑が必要になってきます。

その印鑑ですが、残念ながら、皆さんが最も目にする、良く使うであろうシャチハタさんは使えません。
理由は単純明快。ハンコ部分が「ゴム」でできているからです。
ゴムは、強く押したり、使っているうちに破損しやすく、変形してしまいますい材質です。
そのため、本人確認をするのに必要な情報として、どうしても信用がなくなってしまいます。
なので、銀行などの金融機関にシャチハタをもっていっても、口座を開設することはできません。

口座を開設するために必要な銀行印は、必ず、木や石でできた、変形や欠けたりしない材質のものを選んで持っていきましょうね。
ただし、これはごくたまにしかありませんが、金融機関によっては、たとえ石でできていたとしても、材質的にもろいと判断されたものは、利用できない場合があるので注意が必要です。
こうしてみると、銀行印というのは結構難しいハンコのように思われますが、銀行印に必要なのは、言ってみれば一部の材質の制限だけです。
それだって一部の金融機関のみですから、さほどきつい条件ではありません。
そのほかの、書体などに制限はありませんから、材質だけ注意しておきましょうね。

PR 便利・お役立ちサイト

ページの先頭へ