銀行印は三文判でも大丈夫ですが・・・

三文判イメージ

銀行印として三文判を登録できることは、以外とたくさんの人が知っている事実ですよね。
高い印鑑を買うのが嫌で安価な印鑑を使ったり、買いに行くのが面倒だったり時間がなかったりで、結局手に入りやすい三文判を使うと言う人も多いのではないでしょうか。
銀行印に明確な基準はほとんどありませんから、時間とともに劣化しない、形の変わらない印鑑であれば、どんなものでも銀行印として登録することができますかた、三文判でも問題はありません。

しかしながら、良く振り込みをする人や、定期預金などを利用する人には、あまりおススメはできないです。
三文判は安価で手に入る分同じ形をした印鑑が多く、自分と同じ形の印鑑を持っている人も少なくはありません。
そのため、本人確認などの悪用防止としての機能は一般のハンコよりも著しく低くなっており、防犯の役割を果たしていない部分が多いのです。
普段銀行印を使用するような取引を金融機関で行わないと言う人は三文判でもよいかもしれませんが、やはり銀行印をよく使う人には、それなりに防犯として役立つ銀行印のほうがよいのではないでしょうか。

今は通販などで安く品質の良い印鑑を購入することもできますから、銀行印として一本、専用の印鑑を購入することをおススメします。
ハンコ屋さんに買いに行くよりも手早く注文することができますし、お店同士を比較して、自分にあったハンコ屋さんを探すこともできますから、通販での購入はおススメですよ。
印鑑を購入するのにどこに買いに行けば分からない、買うところを見られたくない、商品同士を比較購入したいと言う人は、ぜひ通販を利用してみましょう。

ページの先頭へ