安心できるハンコとは

  • RSS

銀行印を用意するときに、一番最初に浮かぶのは「シャチハタ」ではないでしょうか?
シャチハタは、スタンプの一種で、インクが染み込ませてあるゴム印のことです。ちなみに「シャチハタ」という名前は、製造会社の名前です。

シャチハタは、大量に生産された簡易印鑑なので、その全てが同じ形の印鑑です。と、いうことは、銀行印は個人を特定するために使われるものですから、結果として利用することができないのです。
そのほかの理由としては、ハンコの部分がゴムなので、どうしても使っているうちに変形してしまったり、時間の経過とともに劣化して破損してしまう恐れがあり、銀行印を確認する時にたとえ同じ印鑑だったとしても、同じように見えない可能性があるので、銀行印として利用することができないのです。

なので、銀行印を選ぶときには、必ず個人の特定ができる、材質がゴムでないものを選びましょう。
簡単に手に入れられるものでおススメできるのは「三文判」というハンコです。こちらは値段もかなりお手頃で、ハンコ屋さんでなくても手に入れることが容易なハンコです。
ですが、三文判は、同じような形をしたハンコがとても多いですから、下手をすると偽造されてしまったりと、安全面から見るとあまりおススメはできません。

安全面から言うと、やはりちゃんとした書体の、しっかりとした材質の印鑑が望ましいです。最近ではネットショップなども充実しており、割と安く、簡単に印鑑を作ることができるようになってきていますから、そちらでの購入もおススメです。

このページの先頭へ